beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

富山一が小森V弾で水戸商撃破!3回戦は1年でプレミア復帰狙うチーム同士の対戦に

このエントリーをはてなブックマークに追加

富山一が初戦突破(写真協力=高校サッカー年鑑)

[7.27 総体2回戦 水戸商0-1富山一 ごさまる陸]

 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」男子サッカー競技(沖縄)は27日、沖縄各地で2回戦を開催。吉の浦公園ごさまる陸上競技場(ローン)は富山一高(富山)と水戸商高(茨城)が対戦し、1-0で富山一が勝利した。

 プリンスリーグ北信越所属で2回戦から登場の富山一は、1回戦で石川の名門・星稜高を破った水戸商と激突。前半はシュート7本を放つも、水戸商の主将DF大槻海偉(3年)を中心とした守備を完全には崩し切れず、ゴールネットを揺らすには至らなかった。

 それでも先制点を挙げたのは富山一だった。後半16分、PA手前でMF広瀬翔一朗(3年)の横パスを受けたMF小森登生(3年)が強烈なミドルシュート。これがGK所秀真(2年)の手を弾いてゴールネットを揺らし、決勝点となった。守備では水戸商のシュートを3本に抑え、1-0の完封で初戦突破を果たした。

 富山一は28日に行われる3回戦で阪南大高(大阪1)と対戦。ともに昨年は高校年代最高峰リーグ、プレミアリーグに所属していたが(富山一はEAST、阪南大高はWEST)、降格となってしまい、1年での復帰を目指してそれぞれプリンスリーグで奮闘中。現在、富山一はプリンス北信越でプレーオフ出場圏の2位、阪南大高はプリンス関西で首位に立っており、白熱の一戦が予想される。

●【特設】高校総体2019
★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら

TOP