beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高知は高精度レフティー、MF吉尾が3アシスト!

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知高のレフティーボランチ、MF吉尾慎太郎は3アシスト。((写真協力=高校サッカー年鑑)

[7.27 総体2回戦 高知高 4-0 西武台高 金武町フ]

「練習で良いボールが蹴れていて、(味方が)しっかり決めてくれたんで良いアシストができたと思います」。高知高のレフティーボランチ、MF吉尾慎太郎(3年)が得意の左足で3アシストだ。

 前半25分にストレート回転の左CKをCB松岡健成(3年)に合わせて先制アシスト。試合終了間際の後半34分にはFW楠瀬海(2年)へのスルーパスで2つめのアシストを記録する。そして、アディショナルタイムにもCB林優太(3年)の頭に左足CKを合わせて、チーム4点目を演出した。

 高知県大会は怪我を抱えながらの戦い。それでも存在感のある動きを見せていたが、本人は自分のプレーの質について全く満足していなかった。だが、コンディションを取り戻して臨んでいる全国大会では得意のキックで攻撃を組み立て、サイドチェンジやスルーパス、プレースキックでチャンスメーク。初戦の1ゴールを含めて1ゴール3アシストと結果を残している。

 自分のプレーに自信を持って全国大会に臨んでいるレフティー。3回戦でもゴールを演出し、初のベスト8進出に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2019

★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら

TOP