beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1月間ベストゴールは鹿島DF小池の“驚きの一撃”、J2は「類を見ないスーパーオーバーヘッド」

このエントリーをはてなブックマークに追加

小池裕太のゴールがJ1月間ベストゴールに

 Jリーグは14日、7月の月間ベストゴールを発表した。J1は鹿島アントラーズのDF小池裕太、J2は横浜FCのMF松井大輔、J3はカマタマーレ讃岐のMF池谷友喜のゴールが選出された。

 J1月間ベストゴールは、7月6日に行われた磐田戦。前半40分、左サイドでMF白崎凌兵の浮き球パスに反応した小池が相手と競り合いながらダイレクトで左足を振り抜く。遠い位置から意表を突いたシュートが右サイドネットに吸い込まれ、2-0の勝利に大きく貢献した。

 Jリーグ選考委員会による総評は「見事な軌道の驚きの一撃」。原博実委員は「狙ったゴールではないのかもしれないが、白崎から出て来たバウンドしているボールを、左サイド角度のないところからのダイレクトシュートは驚きの一撃。あの軌道はなかなか見られない」と思い切りの良さを称えた。

 また、Jリーグ選考委員会は松井のゴールを「松井大輔ここにあり!類を見ないスーパーオーバーヘッド」。池谷のゴールを「思い切りの良さが生んだ見事なループシュート」とそれぞれ総評している。

 受賞者コメント、Jリーグ選考委員会による総評は以下の通り。

▼DF小池裕太(鹿島)
J1第18節(7月6日):鹿島vs磐田 前半40分

【Jリーグ選考委員会による総評】
総評:見事な軌道の驚きの一撃

・原博実委員「狙ったゴールではないのかもしれないが、白崎から出て来たバウンドしているボールを、左サイド角度のないところからのダイレクトシュートは驚きの一撃。あの軌道はなかなか見られない」

【受賞者コメント】
「7月のJ1月間ベストゴールに選んでいただき、ありがとうございます。このゴールは、白崎選手からのパスで相手の背後へ抜け出して、逆サイドにいたレアンドロ選手にアーリークロスを入れようと思ったボールが流れて、ゴールに吸い込まれていきました。優勝するためには、勝点を落とせない試合が続きますので、これからも熱い応援をよろしくお願いします!」

▼MF松井大輔(横浜FC)
J2第24節(7月27日):千葉vs横浜FC 後半20分

【Jリーグ選考委員会による総評】
総評:松井大輔ここにあり!類を見ないスーパーオーバーヘッド

・原博実委員「北爪からのロングスロー。イバが競り合ってこぼれたボールを反射的にオーバーヘッドキック。これほどきれいなオーバーヘッドキックはなかなかお目にかかれない。松井大輔、まだまだ若い」

・福西崇史委員「完璧なオーバーヘッド」

・柱谷幸一委員「これこそがバイシクルシュートの決定版!創造性とテクニックから生まれた松井大輔にしかできないスーパーゴール!」

・北條聡委員「華麗に宙を舞うアクロバットな一撃は劇画さながら。魅せる男の真骨頂だった」

・寺嶋朋也委員「これぞ松井大輔。他に類を見ないくらいきれいなオーバーヘッドシュート」

【受賞者コメント】
「7月のJ2月間ベストゴール賞に選出いただきありがとうございます。オーバーヘッドキックでのゴールは、プロサッカー選手のキャリアの中でおそらく初めてだったので、子供のころからずっと練習してきて良かったなと思います。またこのゴールがチームの勝利につながったことが何より嬉しいです。J1昇格という目標に向かって頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします」

▼MF池谷友喜(讃岐)
J3第17節(7月20日):F東23vs讃岐 前半30分

【Jリーグ選考委員会による総評】
総評:思い切りの良さが生んだ見事なループシュート

・福西崇史委員「ダッシュしながら力加減が難しいループシュートを見事に決めた」

・柱谷幸一委員「ゴールキーパーのポジションを見てのコントロールされた見事なループシュート」

・寺嶋朋也委員「相手の虚を突くループシュート。判断と思い切りの良さが光った」

【受賞者コメント】
「今回、月間ベストゴールを受賞することができ、大変嬉しく思います。チームメイトやチームスタッフの支え、そして多くの方の声援があったからこそのゴールだと思います。 ありがとうございます。これからも、多くの人に感動を与えるゴールやプレーを魅せていけるよう精進したいと思います」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP