beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「C・ロナウドの家に行っちゃダメ」元同僚エブラ氏が“あるエピソード”を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

パトリス・エブラ氏がクリスティアーノ・ロナウドの家には行くなと忠告

 先日、現役引退を表明した元フランス代表DFパトリス・エブラ氏(38)が、マンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)の家に行くなと忠告している。英『ミラー』が報じた。

 2006年1月にユナイテッドに加入したエブラ氏は、2009年6月にレアル・マドリーに移籍したC・ロナウドと約2年半チームメイトで、その間にプレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得。ともにユナイテッドの主力として活躍した。

 そんなエブラ氏がC・ロナウドとの“あるエピソード”を紹介。ある日、トレーニング後にランチに誘われたエブラ氏は、C・ロナウドの自宅に招かれたが、「テーブルにはサラダと白い鶏肉しかなかった。飲み物もジュースじゃなくて水だった。僕たちは食べ始めた。大きな肉が出てくると思ったけど、何も出てこなかった」という。

 さらに食事が終わった後、立ち上がってボールを蹴り始めたC・ロナウドは「ツータッチゲームをやろう」と言い出し、エブラ氏も断ったが、「いや、やろう」と強引に付き合わされたという。その後、「プールに泳ぎに行こう」と言われてジャグジー、サウナに入り、ようやく解放された。

 エブラ氏はポルトガルのスーパースターを賞賛しつつ、「クリスティアーノが家に誘ってきても、おすすめはできない。行っちゃダメだ。この男はマシーンだから、トレーニングを止めたくないんだ」と元同僚のストイックな一面を明かし、忠告した。

●セリエA2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集

TOP