beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“黒歴史”を発見? スペイン紙「久保は5年後に後悔するかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン紙がMF久保建英のダンスに注目

 スペイン『アス』が日本代表MF久保建英のお茶目な一面に注目している。

 久保は今夏にFC東京からレアル・マドリーに移籍し、プレシーズン中の親善試合で好プレーを披露。レアル残留か、1部での出場機会がより多い他クラブへの期限付き移籍かで去就が取り沙汰された中、22日にマジョルカへの1年間のローン加入が決まった。

 同紙が23日に取り上げたのは、過去にモバイル向けショートビデオのプラットフォーム『ティックトック』に投稿された動画だ。その中で久保はFC東京時代の同僚であるMF橋本拳人ら3人と音楽に合わせ、可愛いダンスを披露している。

 この動画を「まだ発見されていない久保の一面」と題して紹介した同紙は「久保は5年後にこのドキュメントを後悔するかもしれない」と記しつつ、「久保と日本人3人のチームメイトによるこの動画がソーシャルネットワークでバズった」とレポートした。

 また、スペイン『マルカ』も同じ動画に注目し、「ソーシャルメディアを席巻した久保の面白い“ロボットダンス”」と伝えている。




●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP