beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インハイでも輝き放った清水桜が丘の「8」。エース古長谷が鮮烈ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水桜が丘高MF古長谷千博は鮮烈な先制ゴールを決めた

[8.24 プリンスリーグ東海第11節 清水桜が丘高 3-0 藤枝東高 清水総合]

 インターハイ優秀選手に選出された「8」が鮮烈ゴールを決めた。前半4分、清水桜が丘高は中央から左サイドへ展開。DFと対峙したMF古長谷千博(3年)が切り返しでDFのマークを外してから左足を振り抜くと、強烈な一撃がニア上のゴールネットに突き刺さった。

「静岡名門対決」で鮮やかな先制点を決めた古長谷は、「切り返しというのは自分の中で特長としていて、切り返しからシュートは決める自信があるので決まって良かった」。ほとんど角度が無い位置からのシュート。それも仕掛けてから間髪入れずに左足を振り抜く形だったが、狙いを定めたニア上のわずかな隙間に決め切る精度も示すファインゴールだった。

 このゴールでチームを勢いづけた古長谷は、左サイドからテクニカルなドリブルやシュート。また、インターセプトから決定機を演出するなど、守備時の勘の良さも印象的だった。後半はやや“消える”時間が長くなってしまい、本人も反省。それでも、注目MFはプリンスリーグ東海再開初戦で勝利に大きく貢献した

 インターハイは2回戦で敗退したものの、古長谷は大会優秀選手に選出された。プレミアリーグ勢の東福岡高との初戦で2ゴールを奪い、優勝校の桐光学園高戦でも左サイドで突破力の高さを見せつけた。「(優秀選手選出は)素直に嬉しかったですけれども、もうちょい上に行きたかったのが本音です」と本人は満足していないが、全国トップレベルとの戦いで自信を掴んだことは確かだ。

 清水桜が丘は選手権優勝3回、インターハイ優勝4回の清水商高の伝統を受け継ぐ。そのエース番号「8」はかつてMF小野伸二やら名選手が背負ってきた番号だ。古長谷は「(8番は)自分で志願したので、清商だったら小野伸二選手とか凄い選手がつけてきた番号なので、少し重みもあるんですけれども、あまり気負いすぎずに自分らしい8番像を作っていきたい。難しい試合の中で確実に点を取れる選手になりたいですし、結果を残してチームを楽にする選手になっていきたい」と力を込める。この日のように難敵からゴールを決め続けて、名門を勝たせる選手になる。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP