beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京五輪ドイツ代表がポドルスキ招集検討…出場の場合神戸との契約延長も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツサッカー連盟(DFB)は、来年夏に迫った東京オリンピックに向け、ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキのオーバーエイジ枠での招集を検討しているようだ。『ビルト』によると、すでに話し合いが進められており、本人も出場に前向きだという。

 ドイツは東京オリンピック予選を兼ねたU-21欧州選手権で準優勝。すでに本戦への出場を決めている。そしてステファン・クンツ監督は、メンバーの選定を進めるうえでオーバーエイジ枠の使用を検討しており、日本でプレーしているベテランの経験値に注目しているという。またオリンピックはクラブに選手の拘束力がないため、日本でプレーしていることもプラスに働くと考えているようだ。

 ポドルスキは17年3月のイングランドとの国際親善試合を最後にドイツ代表を引退。その後はクラブでの活動に専念してきた。6月4日が誕生日のポドルスキ。35歳で迎えるオリンピックで活躍する姿はみられるか。この話が現実的に進むようであれば、20年1月までとなっている神戸との契約も延長することになるかもしれない。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP