beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:静岡学園GK生嶋健太郎「自分が出たら絶対に勝てるというGKになりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園高GK生嶋健太郎

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League5位の静岡学園高(静岡)からはファインセーブを連発してチームに勝ち点をもたらしたGK生嶋健太郎が優秀選手を受賞。その生嶋が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「静学の1年生は90人くらいいて、毎日競争しているので、試合に出ていない人とか来れていない人の分までしっかりと戦おうということは意識していました」

―自身のパフォーマンスについては?
「自分が止めれて勝てた試合もあったんですけれども、あまり自分がチーム全体を動かせなかったのは課題だと思っています」

―強みはどのようなところ?
「自分の強みはコーチングで、しっかりと統率するところと、あとはシュートストップのところだと思っています」

―なぜ静学に進学を?
「GKというのは足元も重要だと思っているので、静学に来て足元を磨きつつ、攻撃的なGKになれるように」

―将来、どのようなGKになりたい?
「将来は自分が出たら絶対に勝てるというGKになりたいと思っています」

―最終節(対西武台高)の試合を振り返って。
「全員で全国獲りに行こうと盛り上がっていたんですけれども、思うような結果が出せなくて悔しい気持ちがあるんですけれども、これからの方がまだ長いので、選手権やインターハイで勝てるように頑張っていきたいと思っています」

―この3年間の目標は?
「夏のインターハイと冬の選手権の2冠をすることが今の目標です」

―将来の目標は?
「プロになって、日本代表として世界各国と戦うことが僕の夢です」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP