beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:日大藤沢DF荒井涼「3年生になったらチームを勝たせられる選手に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日大藤沢高DF荒井涼

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League6位の日大藤沢高(神奈川)からは正確なフィードと守備力の高さでチームを支えたCB荒井涼が優秀選手を受賞。その荒井が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「最初、武南戦は良い立ち上がりから試合勝てて、そこから中盤戦が全然勝てなくなった。結構失点は少なかったけれど、チームの課題である得点力があまり発揮されなかったので……。でも、(最終節の鹿島学園高戦は)やる気も違っていたし、入り方も少し悪かったですけれども、ポジティブにできていたのでそれが勝因だった」

―自分のパフォーマンスについては?
「全体的には自分の特長であるロングキックだったり、パスだったりが成功していた。CBで一番後ろのポジションなので責任感を持ってやらないといけないし、自分の中では全体を通して良いパフォーマンスができたんじゃないかと思います」

―自分の強みは?
「キックの他に視野の広さがあります」

―日藤に進学した理由は?
「進学した理由は(他校と迷っていたが)自分は元マリノスなので、繋ぐサッカーが好きだし、日藤に一回来た時に繋ぐサッカーだったので選びました」

―今後、どのような選手になりたい?
「今後はCBでも活躍できるし、アンカーでも特長を出せるようなプレーヤーになりたいです」

―好きな選手はいる?
「ファン・ダイクは1対1が強くて好きです」

―日藤での3年間の目標は?
「2年生になったらまず選手権のメンバーに入って、3年生になったらチームを勝たせられる選手になれればと思います」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP