beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:前橋商FW今泉諒陽「育英を倒して全国に行くというのが一番の目標」

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋商高FW今泉諒陽

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League2位の前橋商高(群馬)からは、一瞬のスピードを活かして貴重なゴールを叩き出すなど攻守でチームに貢献したFW今泉諒陽が優秀選手を受賞。その今泉が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」の最終節で逆転の2位とA League昇格。どのような気持ちで試合に臨んだ?
「来年の1年生のためというのもあったんですけれども、自分たちがより一歩成長するために、絶対に勝つという気持ちで臨みました。自分としても良いゲームができたと思います」

―最終節は勝ち越しゴールを決めた。
「1点決められた後のチームの流れが悪い中で決められて、FWとしての役割は果たせたのかなと思います」

―前線で幅広く動いていた。
「(相手の組み立ての際に自分たちの)FWとFWの間を通されないように、ボランチがやりやすいように守備に行ったり、前線から守備をかけることで相手のロングキックを蹴らせなかったり、守備から入ってそこから攻撃を組み立てることを考えて入りました」

―大会通してのパフォーマンスについて。
「大会を通して最初の方よりもチームの雰囲気も全然変わってきて、その中で自分も点を獲ることだったり、チームに貢献することで成長できたと思います」

―チームとしても成長できた。
「みんなで声を掛け合ったり、最初はそういうのがなかったんですけれども、仲も良くなってチーム全体でのプレーも良くなったと思います」

―前商に進学した理由を教えて下さい。
「育英を倒して全国に行くというのが一番の目標です」

―今後はどのような選手になりたい?
「今、久保(建英)選手とか若い選手が世界で活躍しているので、自分もそういうところを目指して、自分の特長であるスピードなどを活かして、日本だけでなく世界も見て大きな目標ですけれどもやっていきたいです」

―前商での3年間の目標も教えて下さい。
「まず選手権で最近の前商の流れを変えるというか、そこで自分が活躍して選手権で育英を倒して全国に出るというのが目標です」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP