beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「C・ロナウドは世界最強だが興奮するほどじゃない」バロテッリがユーベ戦前に持論

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレシアFWマリオ・バロテッリ

 ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、『DAZN(ダゾーン)』の取材に応じ、ユベントス戦へ向けて意気込みを語った。

 バロテッリは今夏、半年間所属したマルセイユを退団。昨シーズンのセリエB覇者である故郷のブレシアと契約を結び、3年ぶりにセリエAに復帰した。しかし、リーグ・アン最終戦で受けた4試合の出場停止処分を消化するために開幕戦から欠場が続いていた。出場が可能となるのは、24日のセリエA第5節ユベントス戦だ。ユベントスのエース、FWクリスティアーノ・ロナウドとの対戦に注目が集まるが、バロテッリはポルトガル人スターに対して特別な思いを抱いていないことを明かした。

「ユベントスとの試合? 他のすべての試合と同じさ。C・ロナウドとの対戦に興奮するか? いや、俺はまったく興味がない。C・ロナウドは非常に偉大な王者で、彼と(リオネル・)メッシは世界最強だし、もちろん対戦するのは最高だろう。だが興奮するほどまではいかない。真面目な話、俺にとってユーベ戦は他の試合と変わらない。他の試合と同じように勝利を目指し、得点を挙げられるように努力するつもりだ」

 続いてバロテッリは、新天地ブレシアでの1か月半を振り返り、最高の仕上がりでデビューを迎えることができると喜んでいる。

「俺はかつてないほどに調子が良い。マンチェスター・シティ時代でもこんなことはなかった。俺のキャリア10年を振り返っても、今ほどトレーニングに打ち込んだことはないと思っている。だからこそ落ち着いていられる。もちろん、試合のリズムを取り戻していない部分はあるが、今は良いコンディションを作ることが重要だと思う。代表? 当然、EUROでプレーするのは悪くないし、俺の目標の1つだ。だが今はイタリアのことは考えていない。コンディションを200%にすることだけを考えている」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP