beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

兄は流経大柏でプレミア日本一。九国大付の小さな技巧派、FW森永将斗が選手権で兄超えへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州国際大付高のエースナンバー「14」を背負うFW森永将斗

[9.25 プリンスリーグ九州第14節 九州国際大付高 3-3 長崎総合科学大附高 九州国際大G]

 兄が成し遂げられなかったことを、自分が実現する。プリンスリーグ九州で暫定2位に浮上した九州国際大付高のエースナンバー「14」を背負うのはFW森永将斗(3年)。身長は150cm台半ばと小柄だが、負けん気が強く、トップ下で抜群のテクニックを発揮して攻撃の中心になっている。

 この日は長崎総合科学大附高のゲーム主将MF鶴田快聖(3年)が森永をマンマーク。普段に比べるとボールを持つ回数を増やすことはできなかったが、その中でも1タッチでサイドへはたくパスや、ボランチに落とすボールでパスワークをスピードアップさせていた。

 マークを引きつけてスペースを作り出す動きでもチームに貢献。江藤謙一監督はその技術レベルの高さや賢さを認める一方、この日は相手DFがガツガツ来る中でムキになって対抗しようとしすぎていたことを指摘していた。小柄で細身なだけに、自分が勝負するべきところを見極めて、勝負を決めるパス、シュートを狙うことも必要だ。

 森永は「足元で受けて展開してチャンスメークするのが自分の武器だと思っているので、点に絡む仕事だったり、ハードワークしてプレーすることを意識しています。キックフェイントやゴール前のアイディアを出していければいきたい」。インターハイ予選準々決勝の延長戦で決勝点を決め、同準決勝でも貴重な同点ゴールを叩き出している森永はチームの得点源。よりチームが勝つためや、ゴールに関わる仕事を増やすために何ができるのか考え、それを求めていく。

 森永は5人兄妹の末っ子。2人の兄は九国大付と流通経済大柏高(千葉)でサッカーをやっていた。特に次兄のFW森永卓は流経大柏でプレミアリーグ日本一に輝き、流通経済大でもインカレ制覇。また、アルビレックス新潟シンガポールでもシンガポールリーグ優勝を経験している名手だ。

 この夏、森永はセレクションで東京を訪れ、兄とともにトレーニングを実施。「ステップの速さだったり、受ける前の動きだったり、ファーストタッチを意識することだったり、技術面を教えてもらいました」という。150cm台前半と小柄ながら全国舞台で活躍した兄から学んだことを活かして、自身の結果に結びつけていく意気込みだ。

 高校生活最大の目標は選手権出場。「兄ちゃん2人は自分の代で選手権に出れなかったので、自分が最後なのでしっかり出て活躍したい」。兄に比べると細身でスピードもないが、運動量や判断の速さでは負けていないと考えている。その武器や兄から学んだ技術面を発揮して、九国大付を全国に導く。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

TOP