beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CBからコンバートの大阪桐蔭FW中島「使われているからには結果を残さないといけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭高の前線で奮闘したFW中島陸

[10.5 プリンスリーグ関西第15節 興國高 1-0 大阪桐蔭高 太陽が丘球技場B]

 大阪桐蔭高はCBからコンバートされたFW中島陸(3年)が前線で奮闘した。兵庫県選抜として国体にも出場している中島は元々ボランチで、CBを経てFWへ。「FWとして使われているからには結果を残さないといけない」という気持ちを持って戦っている。

 この日は、最前線でポストワークやハードワークする部分で健闘。泥臭くボールを追い、球際で身体を張り続けた。加えて、序盤は受け身になっていたチームに対し、「行くぞ!行くぞ!」と大声で鼓舞。声でもチームを引っ張った。

 また、PAへのスルーパスや右足FKで相手ゴールを脅かしたが、空中戦では興國高の大型CBに封じられてしまい、悔しい敗戦となった。「相手が引いていたんで(チームとして)やりたいことはできた部分もあるんですけれども、まだまだゴール前の質が低いので、もっとゴール前の精度を上げていかないといけない」と中島。決め切る力を磨いて、選手権予選で結果を残す意気込みだ。

「個人的にはチームに声も出せるので、そういうところでもチームを引っ張って、前からのプレスとかできる限りやって、チームのために走れる選手になりたい。(チームとしては)今年はまだ一丸になりきれていないところがあるんですけれども、ここから2週間という短い時間で詰めていって、チームとしてもっとやっていきたい」。

 大阪桐蔭は選手権予選を前に、中島やCB岡田真知(3年)をFWへコンバート。適正を見出され、新たな役割を与えられた選手たちが2年ぶりの優勝を狙うチームにプラスアルファをもたらす。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP