beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「キャリア最大のハードルだった」ノイアーが迎えた苦境とモチベーションの上げ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンドイツ代表GKマヌエル・ノイアー

 ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーがドイツ紙『FAZ』のインタビューに応じ、キャリア最大の危機を振り返っている。

 ノイアーは2017-18シーズン、中足骨の骨折により、丸々1年を棒に振った。ブンデスリーガ出場は3試合にとどまり、そのままシーズン後のロシア・ワールドカップへと臨むことに。なんとかメンバー入りを果たし、本大会で実戦復帰を果たしたが、チームはまさかのグループリーグ敗退に終わった。

 その出来事は、チームとしてだけでなくノイアー自身にとっても大きな苦境だったという。

「僕は大きなプレッシャーにさらされていた。ワールドカップで復帰するわけだからね。僕の負傷歴には疑問符も付いていた。でも僕はやってのけたんだ。あれは人生最大のハードルだったね」

 また、モチベーションにも言及。マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとの激しい正GK争いも度々伝えられている中、あまり意識していない姿勢を示した。

「モチベーションを上げるのに競争は必要ない。リラックスしている。すべての練習、試合でベストを見せていると思う。チャレンジャーは必要ないんだ。モチベーションは内から出てくるもの」

 なお、ノイアーは13日のEURO2020予選第8節エストニア戦で先発フル出場を果たしている。

●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP