beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FMが3発で首位追走! 湘南は浮嶋監督の初陣飾れず4連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったFW仲川輝人

[10.19 J1第29節 横浜FM3-1湘南 ニッパツ]

 J1リーグは19日、第29節を行い、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜F・マリノス湘南ベルマーレと対戦し、3-1で勝利した。横浜FMは2連勝で6戦無敗(5勝1分)。勝ち点を「55」に伸ばして3位を守り、首位を追走した。

 横浜FMは5日に行われた第28節磐田戦(○2-0)から変更はなく、同じスターティングイレブンを並べた。
 浮嶋敏監督の初陣となった湘南は前節の川崎F戦(●0-5)から3人を変更し、FW山田直輝、FW山口和樹、MF古林将太が先発に入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 横浜FMが立ち上がりに決定機を作り、前半2分、左サイド深い位置からMFマテウスがクロスを入れると、FW仲川輝人が切り返して相手をかわし、左足シュート。決定的な形だったが、カバーに入ったMF鈴木冬一が頭で跳ね返し、ゴールライン際でクリアした。

 湘南は馴染みの3-4-2-1ではなく、4-4-2のフォーメーション。前半4分、GK朴一圭がクリアミスし、抜け出した古林がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。19分にはMF松田天馬が左CKを蹴り込み、クリアボールに反応した山口が右足ボレーで狙ったが、朴が左手一本でかき出した。

 横浜FMは攻勢を強め、ついに均衡を破る。前半40分、MF喜田拓也のパスを受けた仲川が切り返して相手をかわすと、巧みな左足コントロールショットでネットを揺らした。前半アディショナルタイムにはエリキの折り返しに喜田が右足で合わせ、決定的なシュートを打ったが、惜しくも左ポストを叩いた。

 1-0で前半を折り返した横浜FMは後半立ち上がりにセットプレーから追加点を奪う。後半7分、仲川が山田に倒され、PK右手前の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーのFWマテウスが左足を振り抜くと、壁を越えたシュートが落下し、ゴールマウスに吸い込まれた。

 互いに続々と交代カードを切り、後半8分、山口を下げてMF梅崎司を投入。横浜FMもマテウスが負傷交代となり、後半15分にFW遠藤渓太がピッチに入った。湘南は2枚目の交代枠を使い、後半17分、山田を下げてFWクリスランを投入した。

 湘南は反撃を試みたが、次の1点を奪ったのも横浜FMだった。後半22分、遠藤がDF岡本拓也に倒され、PKを獲得。キッカーはMFマルコス・ジュニオール。右足でゴール左下隅に沈め、得点ランキング単独トップとなる14点目をマークした。

 湘南は後半28分、松田を下げてDF杉岡大暉を投入し、交代カードを使い切った。後半アディショナルタイム2分にFW山崎凌吾が1点を返したが、反撃及ばず、1-3で敗れた湘南。浮嶋敏監督の初陣を白星で飾れず、4連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第29節2日目 スコア速報

TOP