beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する選手権予選注目の11傑vol.3

このエントリーをはてなブックマークに追加

川端氏が注目するGK平山颯太(北越高、右)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の第98回全国高校サッカー選手権都道府県予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第3回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材する川端暁彦氏による11人です。

川端暁彦氏「いつものように何か縛りを設けて選ぼうかとも思ったのですが、今回はあえて1校1名以外の原則は廃して、今年のプレーを観ていて特に印象深かった選手から11名をセレクトしてみました。U-17W杯に臨む日本代表選手たちから、全国的にはまだ無名ながら個人的に要注目と思う選手、あるいはちょっとブレイクしそうかなと思う選手まで幅広く選出させてもらいました」

以下、川端氏が注目する11人
GK平山颯太(北越高2年)
「今年の高校総体における青森山田撃破を含む北越躍進の立役者であり、確かなインパクトを夏の大会に残した守護神。技術的な精度の高さに加えて勇敢な飛び出しも印象的だった。ビッグセーバーというだけでなく足技も備えており、組み立てにも絡める点も魅力だ」

DF畑大雅(市立船橋高3年)
「市立船橋の練習で走りの練習で一人だけ独走している様を観て『市船で独走とは!』と驚いたが、先日のU-17日本代表合宿でも独走しており、改めて圧倒的な走力を印象づけた。高い持久性と瞬発的なスピードを兼ね備え、まさにSBをやるために生まれてきたような男である。内定先の湘南のスタイルにもピッタリ」

DF高木践(阪南大高3年)
「今年の夏に『あのCBは何者だ。イヴァン・コルドバ(ちょっと古い)かな?』と思わせてくれた超高性能ストッパー。上背はないものの、抜群の跳躍力で空中戦の弱さは感じさせず、地上戦でも相手FWをシャットアウト。長いボールもしっかり蹴れて、安定感もあった。攻撃に強烈な選手がいるチームだが、このDFはより注目されてもおかしくない」

DF田平起也(神戸弘陵高3年)
「昨年まではBチームでプレーしていたという無名選手ながら、今年急成長を遂げてC大阪入りを勝ち取ったCB。188cmの大型ながら技術も高く、精度の高いキックが印象的。U-18日本代表へ大抜擢を受けて臨んだリスボン国際トーナメントのポルトガル戦では、序盤はやや腰の引けたプレーが出たものの、徐々に大胆なプレーが増加。試合の中で成長できる様が、プロ向きのメンタリティを感じさせた」

MF櫻井辰徳(前橋育英高2年)
「ちょっと猫背な姿勢から『そこ見えてたの!?』というパスをさばき、ゲームに変化を加えてくる高性能のセントラルMF。ちょっとだけ若い頃の中村憲剛を彷彿とさせるモノがあり、観ていて楽しい選手である。名伯楽・山田耕介監督が『まだまだ』と言うのもそのポテンシャルを高く買っているから。この冬の大化けも待たれる逸材」

MF大西悠介(流通経済大柏高3年)
「1年生のときから『面白い選手』と言われてきたが、負傷もあってなかなかブレイクし切れず。3年になってのリーグ開幕時も不動のレギュラーという雰囲気はなかったが、確実に逞しさが出てきた。独特のリズムを刻むドリブルで攻撃を彩り、強烈なシュートでゴールネットを揺らす。課題と指摘されてきた守備面も確実に向上してきた。選手権予選独特のプレッシャーの中で、もう一段上のプレーが期待される」

MF荒木遼太郎(東福岡高3年)
「不運な負傷もあり、U-17W杯の最終メンバーには残れず。ただ、そのセンスと技術は折り紙付きだ。今年はボランチが基本だったが、チーム事情もあって最前線を張る“ゼロトップ”でも活躍するなど、さすがの引き出しの多さを見せている。今年の選手権福岡県予選は大激戦が予想されているが、この10番の輝きはあらためて大きな鍵となりそうだ」

FW染野唯月(尚志高3年)
「試合中でもニコニコしていることが多いせいでどうにも誤解されがちだが、勝利に対してもゴールに対しても確かにハングリーな選手である。ただ、確かにどこか余力や余裕があり、遊び心も残している。だからこそゴール前で『決定力不足』とは無縁のプレーを出せるのだろう。高円宮杯プレミアリーグEASTでも得点ランク首位に立っており、その『決定力』は改めて証明済み」

FW若月大和(桐生一高3年)
「気持ちいいくらいにゴールへ一直線で迫り、チームの勝利のために体を張って戦い、最後まで諦めないハートを備える選手だ。選手権予選にはU-17W杯の状況次第でかなり厳しいコンディションになる可能性もあるが、この男はモノともしないだろう。そう感じさせてくれる温度感のある、頼れるエース。一度は観といて損はない」

FW西川潤(桐光学園高3年)
「もはやここで紹介する必要もないのではないかと思ってしまう選手だが、それでもやはり『選手権予選で誰が注目か?』となれば、この男は外せない。スピード、パワー、テクニックの3拍子を揃えるストライカーは、今夏に初めての全国制覇へチームを導いた。準決勝から登場となる県予選では、何とかして彼を止めようとする神奈川列強のDFたちとのバトルが堪能できるだろう」

FW晴山岬(帝京長岡高3年)
「小気味良いリズムでボールをさばき、ゴールへ迫るストライカー。特にペナルティエリア付近でのワンタッチプレーは、帝京長岡のテクニカルなスタイルと合わせて必見だ。動き出しのセンスも抜群で、ランニングプレーから相手の急所を突く。どん欲な向上心を備え、着実に課題を克服してきた点も高く評価されている。前線からの守備もいい」

執筆者紹介:川端暁彦
 サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長。2004年の『エル・ゴラッソ』創刊以前から育成年代を中心とした取材活動を行ってきた。現在はフリーランスの編集者兼ライターとして活動し、各種媒体に寄稿。著書『Jの新人』(東邦出版)。

●【特設】高校選手権2019

TOP