beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1クラブに2か月練習参加。興國の2年生GK田川「今年こそは全国に出れるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の2年生守護神、興國高GK田川知樹

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。MF田路耀介主将(3年)とDF高安孝幸(3年)の金沢内定コンビを擁する興國高(大阪)は、10月27日に大阪府予選5回戦で帝塚山泉ヶ丘高と対戦。悲願の全国初出場を目指す。

 金沢内定コンビにも注目の興國だが、現2年生には来年のプロ入り候補選手がズラリ。中でも、GK田川知樹(2年)は横浜FMに2か月もの期間練習参加している注目GKだ。プロのシュートを受ける中で、ステップやセービングなどが飛躍的に向上。必見のフィード力、ビルドアップ能力を含めて公式戦でも目立つ存在になってきている。その田川が、選手権予選への意気込みなどを語った。

―毎週のようにマリノスへ練習参加してきた。
「約2か月間、練習参加させて頂いて、なかなか経験できないことなので、多くのことを学ぶために行っている。(練習参加した際には)やっぱり差を感じて、足りないところとかがはっきりとして、そういうところを努力して行こうと思っています」

―マリノスの一員のようになっている。
「そうですね。結構先輩たちにも仲良くしてもらっているので」

―特に評価されているところは足元?
「それもあるんですけれども、クロスのところだったり、シュートストップのところも2か月間やっていく中でパフォーマンスが上がっている。これは武器になるなと思いました」

―かなりプロを意識する一年になっている。
「初めて参加したのは春に1日だけ練習参加させてもらって。それはGK練習だけで、一日だけということもあって分からないことがあったんですけれども、夏休みからずっと行っていて、フィールドの人とも混じってやって、(当初から意識・プレーも)違ってきている」

―興國のスタイルと似ている部分も多い印象。
「後ろから繋いでいくというところは似ているので、特にやりにくいなというのはないです」

―自信になっている部分は?
「シュートのところでプロの選手は全然スピードが違っていて、ステップとかも練習して良くなってきたので、感覚は良くなってきています」

―セービングで手が伸びるようになった?
「一歩目が速くなったことが凄く大きいです。2か月前ならばセービングしていたところが、ステップで足を運べるようになったり、というのが多いですね」

―これからどのようなGKに?
「ビルドアップ、キックは自分の特長なので、伸ばしていきたいんですけれども、シュートを止めるところだったり、クロスのところだったり、GKとしての仕事が一番大事だと思う」

―課題は?
「やっぱりステップからダイビングに繋げるところがまだまだ足りないと思っている」

―選手権は大事な大会。
「まだ全国に出たことがないので、まず全国に出るという目標へ向かって、一試合一試合しっかり勝っていくことが大事だと思います。初めて出るので、いつも通りのプレーをしてチームに貢献したい」

―来年も期待値が大きいけれどまずは今年。
「そうですね。まずは今年です」

―足りないのは全国。
「周りから『全国出らんな』とか言われるのは悔しいので、今年こそは全国に出れるように。(マリノスの先輩にも)言われます。全国に出てないので、あまり興國というのを知らない人が多くて『どこ?』みたいな感じになります」

―先輩たちからも全国に出ろと。
「(先輩に)『全国出たら、応援したる』と言われました」

―理想の選手。
「日本では飯倉(大樹)選手。自分と身長が変わらないくらい小柄なGKで、足元を得意としている。マリノスに行った時に一緒にプレーする機会があって、キャッチングが凄いところがあったので、そういうGKになりたいなと思いました」

―選手権の目標を。
「全国に出たことがないので、全国に出て活躍するために、一試合一試合頑張ってチームに貢献していきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP