beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州王者蹴散らした! U-17W杯初戦、西川アシストで若月が2発「チーム一丸で歴史変える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW若月大和(桐生第一高/湘南内定)が2ゴール

[10.27 U-17W杯GL第1節 日本3-0オランダ]

 優勝候補の一角にも挙げられた欧州王者を蹴散らした。アジア王者のU-17日本代表はFW若月大和(桐生第一高/湘南内定)が持ち前のスピードで相手DFを蹴散らし、U-17ワールドカップ初戦で2ゴール。FW西川潤(桐光学園高/C大阪内定)のラストパスを若月が沈め、2トップでゴールを陥れた。

 初戦のU-17オランダ戦後、フラッシュインタビューに応じた若月は「ミーティングで、笑顔を忘れないで日本らしいサッカーをしようと。チーム一丸となってこういう結果が出たことは本当にうれしい」と、チーム一丸でつかんだ勝利を喜んだ。

 まずは前半36分、MF藤田譲瑠チマ(東京Vユース)の縦パスを受けた西川が持ち出し、斜めにスルーパス。エリア内に抜け出した若月がワンタッチで相手DFの前に出ると、PA内右角度のない位置から右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。後半24分にも2トップ完結で追加点を奪う。西川が鋭い縦パスを打ち込むと、前を向いた若月が再び右足シュートをゴール左隅に流し込んだ。

 後半31分にはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入を経て、若月のパスが当たったDFジェナイロ・ダニエルズがハンドをとられ、日本がPKのチャンスを獲得。これを西川が沈め、3-0で完勝をおさめた。「ゴール前で絶対に決めてやるという気持ちでした」と振り返った若月。「2ゴールも3-0も予想していなかった」という最高のスタートを切った。

 日本は中2日でU-17アメリカ代表と対戦する。日本の大会最高成績は93年、11年のベスト8。若月は「アメリカ戦も日本らしいサッカーをしたい。歴史を変えるためにもチーム一丸となって頑張っていきたい」と意気込んだ。

●U-17ワールドカップ2019特集ページ

TOP