beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

西川潤がU-17W杯初ゴールに2アシスト! 森山監督「選手の自信にもつながる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW西川潤(桐光学園高/C大阪内定)が全3ゴールに絡む活躍

[10.27 U-17W杯GL第1節 日本3-0オランダ]

 U-17日本代表は28日(現地時間27日)、ブラジル開催のU-17ワールドカップ初戦でU-17オランダ代表と対戦し、3-0で完勝した。ボール保持率は4割だったが、日本は守備からリズムをつくり、試合をコントロール。森山佳郎監督は「一番強いと思われる相手にこれだけやれたのは、選手の自信にもつながってくると思う」と、ハードワークを完遂した選手を称えた。

 グループDに属するアジア王者の日本は、欧州王者を3ゴールで粉砕した。FW西川潤(桐光学園高/C大阪内定)の絶妙なスルーパスからFW若月大和(桐生一高/湘南内定)が2ゴール。後半34分には西川がPKを沈め、世界大会初ゴールを挙げた。森山監督は「カウンターと崩し、両方やろうという話をしていたので、ある程度できた」と手応えをにじませた。

 唯一、前回大会にも招集されたGK鈴木彩艶(浦和ユース)もU-17W杯デビュー。質の高いフィードやスローイングで攻撃の起点となり、好セーブを披露。完封勝利に貢献した。

●U-17ワールドカップ2019特集ページ

TOP