beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サポーター挑発のアーセナル主将MFジャカ、今節は欠場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFグラニト・ジャカが欠場へ

 アーセナルウナイ・エメリ監督が2日にホームで行われるプレミアリーグ第11節ウォルバーハンプトン戦に向けた前日会見で、主将MFグラニト・ジャカの欠場を明言した。クラブ公式サイトが同監督のコメントを伝えている。

 ジャカは先月27日の第10節クリスタル・パレス戦で後半16分に途中交代を命じられた際、サポーターからブーイングを受けると、挑発するようなジェスチャーで応戦。ベンチには座らず、ユニフォームを脱いでドレッシングルームに直行した。

 エメリ監督は「彼が明日(2日)プレーすることは私の考えにはない。明日、彼はプレーしないだろう」とキャプテンの欠場を明言。「彼も人間だ。人は誰しも感情がある。先週のジャカのトラブルは、彼と私たちとの正常性を取り戻すために時間がかかる問題の1つだ」と理由を説明している。

 会見ではジャカに関する質問が多く飛んだようだが、指揮官はすでに同選手がサポーターに謝罪したことを語り、「焦点は明日の試合だ。今は試合に100%集中する必要がある。私は明日プレーする他の選手について話したい」と強調した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP