beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台育英が聖和学園下して3連覇!終了間際にMF豊倉が逆転V弾:宮城

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権宮城県予選は3日に決勝を行い、仙台育英高が3年連続34回目の優勝を果たした。

 仙台育英はユアテックスタジアム仙台で聖和学園高が激突。前半16分、GK佐藤文太(3年)のキックが味方に当たってしまい、こぼれ球をFW柴田弦哉(3年)に流し込まれ、思わぬ形で先制点を許してしまう。

 それでも、仙台育英は後半17分、FKからDF中川原樹(3年)がダイビングヘッドを決めて追いつくと、後半35分には右からの折り返しをMF豊倉博斗(2年)が右足で合わせ、2-1で逆転勝利した。

 なお、全国大会の組み合わせ抽選会は今月18日に行われ、12月30日に開幕戦が行われる。

[決勝](11月3日)
聖和学園高 1-2 仙台育英高

[準決勝](10月27日)
聖和学園高 3-0 東北学院高
仙台育英高 4-0 利府高

[準々決勝](10月26日)
聖和学園高 3-0(延長)東北生文大学高
宮城県工高 0-3 東北学院高
仙台育英高 7-0 石巻工高
利府高 4-0 仙台三高

●【特設】高校選手権2019

TOP