beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分だけになってしまう…」高川学園MF内田裕也、全国へと導いた主将の思い

このエントリーをはてなブックマークに追加

高川学園高MF内田裕也(3年)

[11.10 選手権山口県予選決勝 西京高0-1高川学園高 みらスタ]

 3年間ともに歩んだ仲間と同じ“景色”が見たかった。高川学園高MF内田裕也(3年)は2年ぶりの選手権出場を決め、「まずはホッとしている」と安堵の表情を浮かべた。

 前半9分にMF眞田颯太(3年)のクロスからFW河野眞斗(3年)が先制点を奪い、幸先の良いスタートを切った高川学園。ボランチの位置に入る内田は、コンビを組むMF新山大地(2年)ともに攻撃のタクトを振るい、リズムを生み出す。後半は西京に主導権を握られる時間が長かったものの、体を張った守備でしのいで1-0の完封勝利を収めた。

 2年前に出場した高校選手権で、内田は1年生として唯一の登録メンバー入り。さらに初戦の清水桜が丘戦、2回戦の長崎総科大附戦ではベンチ入りを果たしていた。「観客の声やスタジアムの大きさ、あの雰囲気は今までとは違った。でも、自分もピッチに立てなかったので、1年後は試合に出てやろうと思っていた」。しかし、2年生となって迎えた選手権予選では決勝で西京に0-1で敗れ、全国行きのチケットを手にすることができず。だからこそ、今大会に賭ける思いは強かった。

「あのピッチにもう一度立ちたい思いで頑張ってきたし、今回出られなければ、“自分の代”で選手権を経験できたのは自分だけになってしまうので、他の3年生にもあの雰囲気を味わわせたかった」

 主将としてチームの先頭に立ち、強い気持ちを持って試合に臨み、“自分の代”で選手権の出場権をつかみ取った。3年間ともに歩んできた仲間と立つ大舞台。「全国のうまい選手を相手にドンドンボールを奪い、前の選手に速いテンポで当てていき、速い攻撃で点を取っていきたい」とイメージを膨らませ、開幕の日を待ちわびる。

(取材・文 折戸岳彦)
●【特設】高校選手権2019

TOP