beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人対決は実現せず…植田フル出場のセルクル・ブルージュが敵地で1-1ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発フル出場したDF植田直通

[11.23 ベルギー・リーグ第16節 ベフェレン1-1セルクル・ブルージュ]

 ベルギー・リーグ第16節が23日に開催された。DF植田直通の所属する最下位セルクル・ブルージュはアウェーでMF小林祐希所属の15位ベフェレンと対決し、1-1の引き分け。植田は7試合連続で先発フル出場し、負傷離脱中の小林はメンバー外だった。

 9日の前節シントトロイデン戦(○2-1)で10試合ぶりの勝利を飾ったセルクル・ブルージュ。今季初の連勝を狙ったが、前半12分にベフェレンのFWディン・スーラにロングパス一発で抜け出され、先制ゴールを許した。

 それでも後半16分、PA手前右のDF ジュリアン・ビアンコーネが左足で鮮やかなシュートをゴール左隅に決め、そのまま1-1でタイムアップ。連勝を逃したセルクル・ブルージュとベフェレンは、ともに2戦無敗(1勝1分)となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP