beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎Fvs横浜FM戦で西村主審が負傷交代…マリノス2点リードで15年ぶりV王手!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスが2点リード

[11.30 J1第33節 川崎F-横浜FM 等々力]

 優勝争い中の横浜F・マリノス川崎フロンターレのホームに乗り込んだJ1第33節でアクシデントが起きた。

 西村雄一氏が主審を務めたが、ハーフタイムに負傷交代する異例の事態が起きた。西村氏は横浜FMが最終節で優勝を逃した13年の川崎Fvs横浜FM戦でも等々力陸上競技場で主審を務めていた。後半開始からは第4の審判員だった清水勇人氏が主審を引き継いでいる。

 試合は横浜FMが前半8分に幸先良く先制に成功した。DFティーラトンの縦パスから左サイドのタッチライン際をドリブルで駆け上がったFWマテウスがDF守田英正を振り切ってクロスを入れ、MF仲川輝人が押し込んだ。

 仲川は3試合連続ゴールで今季15点目。1-0で迎えた後半4分にはFWエリキがGKとの1対1を制し、2-0に突き放した。他会場ではFC東京が0-1と浦和にリードを許しており、このまま終われば横浜FMの15年ぶりの優勝が決まる。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第33節 スコア速報

TOP