beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブッフォンが人生の分岐点を振り返る「今ここにいるのは14年前の決断があってこそ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

GKジャンルイジ・ブッフォンの人生の分岐点とは

 ユベントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、「トロフェオ・アニェッリ2019」の授賞式に出席した際にインタビューに応じ、過去のキャリアを振り返った。『Goal』の取材により明らかになった。

 パリSGでの1年間のプレーを経て、今夏から古巣のユベントスに復帰した41歳のブッフォン。2001年にパルマから加入して以降、長きにわたるトリノでのキャリアを遡り、自身のターニングポイントとなった2006年を振り返った。

 ブッフォンはこの年、イタリア代表としてドイツ・ワールドカップを制し、世界の頂点に立つなど絶頂期を迎えていた。しかし所属先のユベントスはカルチョーポリ(カルチョスキャンダル)により処分を受け、セリエBへと降格。それでもブッフォンはアレッサンドロ・デル・ピエロ氏らとともにチームに残る男気を見せた。だがこの影響からか、当時、レアル・マドリー移籍を選択した元同僚のファビオ・カンナバーロにバロンドール争いで敗れ、2位に甘んじた。

「あのときの僕は、たくさんのことをあきらめざるを得なかった。当時の僕は28歳でキャリアの絶頂。W杯で優勝したばかりでバロンドール受賞が懸かっていた。もし別の選択をしていたら、多くのことが変わっていたかもしれない。しかし他者への思いやりを忘れず、正しい振る舞いをしていれば、人生においてすべて取り戻すことができると確信していた。もうすぐ42歳を迎える僕が今、ここにいられるのは、14年前に何かをあきらめる決断を下したからこそなのかもしれない」

 ブッフォンはもちろん、現在も自身の価値観を固く信じ、その決断を後悔していない。

「噂話ばかりが絶えないこの世界において、僕と同じ情熱を持つすべての若者に対し、重要で強いメッセージを発信する機会になった。このメッセージは、自ら率先して何かをあきらめてこそ、発信できるものだったと思う」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP