beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

奥川雅也が値千金の同点アシスト! 南野ら主力不在&序盤1人退場のザルツブルクはドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW奥川雅也が価値ある同点アシスト

[12.14 オーストリア・ブンデスリーガ第18節 ハルトベルク2-2ザルツブルク]

 オーストリア・ブンデスリーガ第18節が14日に行われた。FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクは敵地でハルトベルクと対戦し、2-2でドロー。南野は太ももの負傷のためにベンチ外に、奥川はフル出場で1アシストを記録した。

 リバプールへの移籍報道が過熱する南野を始め、FWアーリング・ホーランドやFWファン・ヒチャンといった面々は負傷のためにメンバー外となった。主力を欠くザルツブルクは前半16分にMFマジード・アシメルが一発レッドとなり、早い段階で数的不利となってしまう。

 前半24分に先制を許したザルツブルクだが、同34分のMFズラトコ・ユヌゾビッチの同点ゴールにより前半を1-1で折り返す。しかし後半8分に再び勝ち越し点を決められてしまう。

 すると後半40分、奥川のアシストでザルツブルクが再び追いつく。右サイドから大きなアーリークロスがPA内に放り込まれると、ファーサイドの奥川が深い位置まで走り込んで折り返す。最後はPA中央のFWパトソン・ダカがワンタッチで流し込んだ。

 試合はそのまま終了し、2-2のドロー。ザルツブルクは主力不在や序盤の数的不利がある中で、価値ある痛み分けとなった。

●海外組ガイド

TOP