beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安が加入後初アシスト! ボローニャは強敵アタランタとの接戦を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF冨安健洋が決勝アシスト

[12.15 セリエA第16節 ボローニャ2-1アタランタ]

 セリエAは15日に第16節を行った。DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでアタランタと対戦し、2-1で勝利。冨安は右サイドバックでフル出場し、加入後初となるアシストを記録した。

 ボローニャは前半12分、FWリッカルド・オルソリーニのシュートがポストにはじかれたところをFWロドリゴ・パラシオが押し込んで先制に成功。前半を1-0で折り返す。

 さらに後半8分には冨安が起点となり、追加点が決まる。冨安は右サイドからアーリークロスを放ち、MFアンドレア・ポーリが頭で合わせて、ファーサイドに流し込んだ。同15分には失点を喫し、終盤にはDFダニーロが2回目の警告で退場になるなど、押し込まれる展開が続く。

 しかし最後の最後までリードを守ったボローニャが2-1で逃げ切り、リーグ戦2試合ぶりの白星。順位を12位から11位に浮上させた。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP