beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田圭佑がフィテッセ退団…加入からわずか48日で別れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィテッセを退団するMF本田圭佑

 フィテッセは23日、MF本田圭佑の退団を発表した。11月6日の加入から、わずか48日後の退団となった。

 昨季限りでメルボルン・ビクトリー(豪州)を退団してフリーとなっていた本田。カンボジア代表の実質的な監督を務める傍ら、移籍先を模索して自身のツイッターを通じ、マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランに“逆オファー”も試みた。すると、CSKA時代の指揮官だったレオニード・スルツキー監督が率いるフィテッセに練習参加し、11月6日に加入が正式発表された。

 11月24日のエールディビジ第14節スパルタ戦で約半年ぶりの公式戦出場をスタメンで飾り、続く第15節ヘーレンフェーン戦ではフル出場。しかし、ともに勝利を逃したチームは5連敗となり、ヘーレンフェーン戦後に“恩師”スルツキー監督が辞任することになった。第16節からジョゼフ・オースティング暫定監督が指揮を執ると、本田はベンチスタートに。翌17節トゥエンテ戦ではフル出場して7試合ぶりの白星獲得に貢献したが、22日の第18節VVV戦ではベンチ外となっていた。

 本田は自身のツイッターで、「私の使命はクラブの状況を変えることだったが成功しなかった。レオニード・スルツキーはクラブを去り、私はその責任を感じている。だから、冬を過ぎてもここでプレーすべきだとは思わない。チームメイトやサポーターの皆さんに感謝します」と英語で説明。また、クラブは公式ウェブサイト上で本田への感謝を示し、「将来の成功を願っている」とした。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中 

TOP