beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「メリークリスマス!」天皇杯4強の長崎、手倉森監督が続投! 39歳玉田&36歳角田も契約更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

V・ファーレン長崎手倉森誠監督

 V・ファーレン長崎は25日、手倉森誠監督、FW玉田圭司(39)、DF角田誠(36)との契約を更新したと発表した。今季は1年でのJ1リーグ復帰を逃したが、ルヴァン杯ではプレーオフステージ進出、天皇杯では4強入りを果たすなど、カップ戦で強さを見せていた。

 今季から指揮を執っていた手倉森監督はクラブを通じて「2019年は厳しいシーズンになり、残ったのは悔しさです。ただ、タフなシーズンで鍛えられました。試練を味わった個とチームは必ず強くなります。2020年、いよいよ本当の長崎の強さを示します!サポーターの皆さん、長崎県民の皆さん、来シーズンも一緒に闘いましょう!メリークリスマス!」と来季に向けて意気込みを述べた。

 また玉田と角田も今季から加入。35試合7得点の玉田は「今シーズンの悔しい思いを来シーズンにぶつけたいと思います。そして、長崎の皆さんにサッカーを通じて夢や希望を与えられるようなプレーを見せたいと思います」、29試合1得点の角田は「長崎に来て1年目の2019シーズンは、目標を達成できず悔しさを味わいましたが、長崎の素晴らしさを感じたシーズンでもありました。トラスタでのファンの声援、街ですれ違ったときに声をかけてくださる皆さん。本当に温かい街だなと思いました。2020シーズンは、J1昇格を果たし、大好きな長崎の皆さんが喜ぶ顔を見たいです。長崎を盛り上げることができるよう、皆さんが熱い気持ちになれるように頑張ります!まだまだ若手には負けません!!応援よろしくお願いします」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP