beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-22日本代表が紅白戦…2得点の前田大然「FWはゴールを取ってなんぼ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点を挙げたFW前田大然(マリティモ)

 U-22日本代表は26日、合宿3日目の午後トレーニングを行った。ボール回しなどでウォーミングアップを行うと、フルコートを使った11対11の紅白戦に移行した。

ビブスなし(3-4-2-1)

   前田
 安部  旗手
東      福田
 中山  松本
瀬古 岡崎 岩田
   山口

ビブスあり(3-4-2-1)

   一美
 三笘  岩崎
鈴木     長沼
  高  松岡
杉岡 小林 大南
   谷

 試合開始早々の46秒。試合を動かしたのは「ビブスあり」だった。MF三笘薫(筑波大→川崎F)が打ち込んだ縦パスに走り込んだMF岩崎悠人(札幌)がPA内に侵入すると、左足のシュートでネットを揺らした。その後は主力組の「ビブスなし」がボールを保持する展開となるが、守備を攻略し切れずに1本目の16分を終えた。

 2本目に入ると、右アウトサイドのMF福田湧矢(G大阪)とMF長沼洋一(愛媛)を交換。また、「ビブスなし」のGKが谷晃生(G大阪)に、「ビブスあり」のGKが小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)に変更された。

 2本目は「ビブスなし」が圧力を強めると、3分に右サイドからFW旗手怜央(順大→川崎F)が送ったグラウンダーのクロスをFW前田大然(マリティモ)が押し込み、同点に。さらに5分には旗手の縦パスを受けた前田が、鋭いターンで前を向き、左足のシュートを突き刺して「ビブスなし」が逆転に成功。2本目は12分が経過した時点でホイッスルが吹かれ、「ビブスなし」が2-1のまま終了した。

 2得点を奪った前田は「攻撃の選手なので、ゴールを取ってなんぼ。点を取れば乗れるし、点を取れなかったらなかなかいいプレーができないので、ゴールは大事だと思う」と充実した表情を見せた。

 U-22日本代表は翌27日に公式会見、公式練習を行い、28日にはキリンチャレンジ杯U-22ジャマイカ戦に臨む。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP