beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CK炸裂の筑陽学園、11年ぶり選手権で初戦突破! 初出場・愛工大名電を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

筑陽学園がウノゼロで初戦突破(写真協力=高校サッカー年鑑)

[12.31 選手権1回戦 愛工大名電0-1筑陽学園 NACK]

 第98回全国高校サッカー選手権は31日、NACK5スタジアム大宮で1回戦を行い、筑陽学園高(福岡)が愛工大名電高(愛知)を1-0で下した。前半アディショナルタイム3分にCKからFW岩崎巧(2年)が決勝ゴール。2回戦は草津東高(滋賀)と対戦する。

 6年連続で福岡3冠を続けた“絶対王者”東福岡の壁を破り、選手権の舞台に帰ってきた。11年ぶり3度目の出場となった筑陽学園は4-4-2の布陣。対する初出場校・愛工大名電は中盤をダイヤモンド型にした4-4-2の布陣。攻守の切り替えが早い一進一退の攻防が続くと、筑陽学園が徐々に流れを引き寄せていく。

 筑陽学園は出足鋭いプレッシャーで愛工大名電のショートカウンターを寸断すると、センターバックのDF岡宗万(3年)とDF吉村颯真(3年)を中心とした最終ラインが堅守を構築し、スピードがあるFW平井碧(3年)やFW森重裕太郎(3年)の突破を止める。「引いて守るのではなく、最初からチャレンジして守備を仕掛けていこうとした」という岡が対人守備で強さを発揮した。

 愛工大名電はGK安原哲平(2年)が強烈なロングキックを蹴り込んでは会場をざわつかせると、優れた反応と身体能力を生かしたシュートストップで再三の窮地を救う。前半26分には左サイド攻撃からFW過能工太郎(3年)が決定的なシュートを打ったが、安原が鋭い反応でビッグセーブを見せ、難を凌いだ。

 筑陽学園2トップFW岩崎巧(2年)とFW寺岡聖斗(3年)がフィニッシュに持ち込むも、DF鈴木郁人(3年)が1対1を止めるなど、最終ラインがカバーし合っていたが、前半アディショナルタイム2分に試合が動いた。先制点は筑陽学園が再三チャンスを作っていたセットプレーから。左CKのチャンスにMF藤隆成(3年)が右足で蹴り込んだ鋭いストレートボールをFW岩崎巧(2年)がヘッドで捉え、ゴールネットを射抜いた。

 1点ビハインドで後半に入った愛工大名電は平井やMF鈴置阿利登(3年)が果敢にミドルを狙う。選手交代でシステムを変更し、攻撃の枚数を増やして攻め立てると、後半40分にはMF水野壮太(3年)が決定的な右足ミドルを放ったが、わずかにゴール右へ。最後まで粘り強く跳ね返した筑陽学園が1-0で逃げ切り、2回戦に駒を進めた。

(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2019

TOP