beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

指揮官も「脱帽」のスーパーミドルから鮮やか3発!!J内定3人擁する帝京長岡が初戦突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻ミドルで先制点を奪った帝京長岡MF田中克幸(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.2 選手権2回戦 帝京長岡高 3-0 熊本国府高 ニッパツ]

 第98回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦を行い、ニッパツ三ツ沢球技場の第2試合では帝京長岡高(新潟)が熊本国府高(熊本)に3-0で快勝した。

 J内定者3人を擁する帝京長岡が初戦から力を見せた。前半19分、左サイドのMF本田翔英(3年)がマイナスに戻し、PA左手前からMF田中克幸(3年)が左足を振り抜く。アウトにかけた豪快なミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。

 これには帝京長岡の古沢徹監督も「田中のシュートは脱帽です」と賛辞を惜しまない。「GKが少し前に出ていたのもあって、あの位置はシュートレンジ。アウトにかけてスーパーなゴールだった。あれで落ち着いた」という貴重な先制点だった。

 これで勢いに乗った帝京長岡は前半25分、本田のパスをFW晴山岬(3年、町田内定)がワンタッチで絶妙なスルーパス。PA内に飛び出したMF谷内田哲平(3年、京都内定)は前に出てきたGKを冷静にかわし、左足で無人のゴールに流し込んだ。

 鮮やかなパス回しから完璧に崩し切っての追加点。2点リードで折り返した後半も攻撃的なサッカーを貫いた。後半16分には2人を同時交代。MF鈴木遼平(3年)、MF中村太一(1年)というフレッシュな選手を投入し、3点目を狙った。そして迎えた後半28分、PA右手前から田中が左足でピンポイントクロス。フリーになった晴山がダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

 3-0と突き放すと、守ってもDF吉田晴稀(3年、愛媛内定)ら守備陣が最後まで集中力を保ち、完封勝利。前回大会8強の帝京長岡が危なげなく初戦を突破した。タレントぞろいの個性派集団が目指すは同校初の4強、さらには日本一。連戦となる明日3日の3回戦では神戸弘陵(兵庫)と対戦する。

(取材・文 西山紘平)
●【特設】高校選手権2019

TOP