beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「私が相手の監督でもつぶしに行く」四中工は3戦5発のMF森夢真が封じられ8強敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

左足でシュートを狙う四日市中央工MF森夢真

[1.5 選手権準々決勝 矢板中央高 2-0 四日市中央工高 駒沢]

 ここまで3戦5発の背番号10が封じられた。四日市中央工高(三重)はMF森夢真主将(3年)が厳しいマークに遭い、沈黙。1回戦からの連続ゴールが止まり、チームの快進撃もベスト8でストップした。

 四中工の伊室陽介監督は「(森に対する厳しいマークは)当然。私が相手の監督でも彼をつぶしに行く」と指摘。そのうえで「森にマークが来たところで空いたスペースを使ったり、森自身も周りを使ったり、そういう工夫が足りなかった」と、チームとして矢板中央の堅守をこじ開けられなかったことを悔やんだ。

 前半12分、20分の失点で試合は難しくなった。後半は風上に立った四中工だが、矢板中央は人数をかけて守備を固め、スペースを与えない。森は「後半はほとんど相手がベタ引きで、やりづらさもあった。風上だったので遠くからでも打って、こぼれ球に詰めようと思っていたけど……」と、後半だけでシュート3本を打ったが、得点には結びつかなかった。

「相手のほうがセカンドボールへの反応も意識が高かった。最後、決め切るところも僕らよりまさっていた」。そう完敗を認めた森だが、大会を通じて四中工復活も印象付けた。1回戦から3回戦まで3試合連続ゴールで計5得点。「やっと輝けたというか、今までは全国に出ても何もできずに終わっていた。でも、チームとしてもっと上に行きたかった」と悔しさをかみ締めた。

(取材・文 西山紘平)
●【特設】高校選手権2019

TOP