beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ニューバランスカップ]1年生MF中塚決勝弾!堅守も光る滝川二が桐光学園に1-0で勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

滝川二高はMF中塚大偉の決勝点によって桐光学園高に勝利

[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

 第98回全国高校サッカー選手権への出場が叶わなかった強豪48校が、時之栖スポーツセンター(静岡)で優勝を争った「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)は6日午前、準決勝を行い、滝川二高(兵庫)が1-0で桐光学園高(神奈川)を破った。

 滝川二の前線で存在感ある動きを見せたFW岩澤秀人(2年)は「桐光は自分らより強くて、たまたま勝てただけ」と謙遜していた。それでも、滝川二は立ち上がりから引かずに戦い、GK原勇義(2年)のファインセーブなど無失点のまま試合を進める。そして、ショートパスを繋いだり、岩澤のキープ力を活かして攻め返す。右サイドをワンツーで1度、2度と攻略し、右SB馬場翼(1年)がラストパス。岩澤の決定的な1タッチシュートやミドルシュートで桐光学園ゴールを脅かした。

 一方の桐光学園は、視野の広いプレーに加えて力強いボールキープも見せていたMF岩根裕哉(1年)やMF馬場拓己(1年)の配球から仕掛けの回数を増やそうとする。前半15分のピンチをGK北村公平(2年)が凌ぐなど前半を0-0で終えると、後半開始からMF前川壮太(2年)を投入して攻撃のギアを上げる。

 そして、前川やFW三原快斗(1年)の推進力ある動きでゴール前のシーンやセットプレーの数を増やしたが、滝川二は後半、大型ボランチのMF松本祐満(2年)が良くセカンドボールを回収。またCB眞古大輔主将(2年)がインターセプトを連発し、相手の大型FW庄司朗(2年)へのタイトなチェックで自由を与えない。

 後半10分にゴール前の接触プレーで桐光学園の選手が負傷。治療、救急搬送のために試合が約20分中断するというアクシデントがあった。そして再開後の17分、滝川二が先制する。CB永川遼(2年)のフィードに岩澤が競ると、セカンドボールを拾ったMF中塚大偉(1年)がポッカリと空いたバイタルエリアを前進。そのまま右足シュートをゴール右上に突き刺した。

 歓喜の滝川二イレブン。一方の桐光学園はCB奈良坂巧(2年)が声とプレーでチームを鼓舞する。そして、「こういうのを勝つチームが強いチームだぞ!」「もっと気持ち見せろよ!」という声が飛ぶ。

 終盤の10分間はMF本多知啓(2年)の仕掛けなどを交えて反撃。左SB国島康介(2年)の折り返しを受けた本多が右足を振り抜いたが、滝川二はCB眞古がブロックする。最後は桐光学園が相手に息をつかせる間も与えないほどに攻め続けていたが、眞古や永川、原を中心に跳ね返した滝川二が1-0で勝利。決勝進出を決めた。

 滝川二の松本は「勝ち続けてきて自分たちも自信がついて、『絶対勝てる』という声も出ていたし、この大会を通じて自信がついたと思います」。兵庫の名門・滝川二は今大会、予選リーグを無失点で3連勝。決勝トーナメント1回戦で暁星高(東京)を3-0で突破すると、準々決勝では前評判の高かった履正社高(大阪)を3-2で退けている。

 そして、準決勝でも昨年のインターハイ優勝メンバーを残す桐光学園相手に全く怯むことなく戦い抜いて勝利。眞古が「滝二はどちらかというと攻撃のイメージがあるけれど、自分は守備も強い、どっちもできるという滝二にしたい」と語っていたが、守備の我慢強さも発揮した滝川二が、また自信を掴む白星で決勝へ駒を進めた。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP