beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-23日本代表の早すぎる敗退に韓国紙「衝撃」

このエントリーをはてなブックマークに追加

GL敗退が決まったU-23日本代表

 U-23日本代表は12日、AFC U-23選手権のグループB第2節でU-23シリア代表と対戦し、1-2で敗れた。2連敗を喫し、同大会史上初めて決勝トーナメント進出を逃す結果に。韓国紙『スポーツ韓国』は「日本、衝撃の2連敗でグループリーグ敗退」と驚きを示している。

 9日の第1節サウジアラビア戦を1-2で落としていた日本。中2日で迎えた今節は先発6人を変更して臨んだ。しかし、前半9分にVARを経て与えたPKから先制ゴールを許してしまう。同30分にMF相馬勇紀のミドルシュートで一時同点に追いついたものの、後半43分にカウンターから勝ち越し点を奪われて万事休す。1試合を残してグループリーグ敗退の憂き目に遭った。

 韓国紙『スポーツ韓国』は試合直後、「日本、衝撃の2連敗でグループリーグ敗退」と題した記事で「日本は前半9分、シリアにPKで先制を許した。その後、日本は前半30分に相馬のゴールで追いついたが、後半43分にゴールを奪われ、敗北を喫した。(サウジアラビアとの)第1戦に続き、後半終了間際に失点して敗れた」とレポート。「開催国としてオリンピック本戦には自動的に進出する日本だが、試験段階だったAFC U-23選手権で屈辱の2連敗を喫し、本大会に臨むことになった」と続けた。

 なお、東京オリンピック最終予選を兼ねた今大会で得られる出場権は、開催国の日本を除いて3枠。日本がベスト4に進出した場合、他の3チームが自動的に本戦行きとなっていたが、日本の敗退により3位決定戦も勝ち抜くことが必要になった。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP