beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

屈辱の未勝利で終戦、U-23日本代表・森保監督「五輪で結果を出すことで…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表を率いる森保一監督

[1.15 AFC U-23選手権GL第3節 U-23日本代表 1-1 U-23カタール代表]

 大会史上初のグループリーグ敗退。1分2敗という未勝利で大会から姿を消すことになった。屈辱的な結末。U-23日本代表を率いる森保一監督は、試合後の会見で「しっかり反省して、チームとして選手の成長につなげられるようにしたい」と語った。

 2連敗でグループリーグ敗退が決まった状況で迎えたカタール戦。「選手たちはメンタル的に難しい中、2日間、良いトレーニングをしてくれた。頭も心も重かったと思うけど、自分たちを奮い立たせ、お互いに励まし合って勝つための準備をしてくれた」。最終戦に向けて、厳しい状況の中でも良いトレーニングをこなし、調整を進めてきた選手たち。「試合の入りから勝つために戦う姿勢と相手を崩してゴールに向かう姿勢でチャンスを作ってくれた」とこれまでの2試合とは違う姿を見せた。

 前半アディショナルタイムにはMF田中碧(川崎F)が一発退場となり、数的不利に陥りながらも、選手たちの目は死んでいなかった。「ロッカーにいる時から、この難しい状況を何とかはね返そうと選手たちが声を掛け合ってくれた」と後半へのピッチへと向かう。1人少なくなったことでシステムは4-4-1へと変更。カタールの攻撃を体を張ってしのぎ、後半27分にはFW小川航基(水戸→磐田)の一撃で先制点をもぎ取った。同33分にPKから同点に追い付かれはしたが、指揮官は数的不利の中、勝利を目指して戦い抜いた選手たちの姿勢を評価した。

「残念ながら追い付かれたが、選手たちが1人少なくなっても勝利を目指すことを考えてタフに粘り強くチーム一丸となって最後まで戦い抜くという姿勢を届けたいという思い、プライドと意地を出す部分をやってくれた」

 1人少ないながらもドローに持ち込んだ。しかし、連敗こそ逃れはしたものの、1分2敗の未勝利、大会史上初のグループリーグ敗退と屈辱的な結果であることに変わりはない。進退問題を問われた指揮官は「今回の結果に関して、私に責任があると思うが、その責任は選手とチームを成長させて五輪で結果を出すことに果たしていきたい。このポストが与えられること、これから続けることも私が判断することではないと思うので、日々自分のベスト、最善を尽くすことに集中したい」と答えている。

 東京五輪まで残された時間は約6か月。あまりにも厳しい結果に終わった今大会の経験を、チームの成長へとつなげることはできるだろうか。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP