beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豪雨の死闘を制したFC東京…フィリピン王者退け、4年ぶりACL本戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったFC東京DF室屋成が仲間の祝福を受ける

[1.28 ACLプレーオフ FC東京 2-0 セレス・ネグロス 東京ス]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが28日、東京スタジアムで行われ、FC東京とフィリピン王者のセレス・ネグロスが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半3分にDF室屋成のゴールで先制したFC東京が、同44分にFWアダイウトンの得点で突き放して2-0の完封勝利。4年ぶりのACL本戦出場を決めた。

 4年ぶりのACL本戦出場を目指すFC東京は、新戦力4名を先発起用。システムは昨季までの基本布陣である4-4-2から4-3-3に変更し、GKに林彰洋、最終ラインは右からDF室屋、DFDF森重真人ジョアン・オマリ(←神戸)、DF小川諒也を配置。アンカーにMF高萩洋次郎、インサイドハーフにMF東慶悟と大卒ルーキーのMF安部柊斗(←明治大)を並べ、3トップは右からFW原大智、FWアダイウトン(←磐田)、FWレアンドロ(←鹿島)が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 強い雨が降りしきり、劣悪なピッチ状況の中、一発勝負がキックオフ。ドリブルやショートパスは水たまりでストップするため、両チームともにロングボールを多用する展開となる。キーポイントとなりそうなのはセットプレー。序盤から押し込むFC東京が立て続けにセットプレーを獲得し、前半3分には東のFKを原がダイビングヘッド、同10分には東のCKをオマリがヘディングで合わせるなど、ゴールを脅かそうとする。

 前半15分には流れの中から決定機、左サイドから送られたクロスの流れからPA内で東がフリーに。寄せてきた相手をかわして放ったシュートは、相手GKのファインセーブに阻まれてネットを揺らすには至らず。その後もFC東京が押し込む展開となるが、最終ラインに5枚並べるセレス・ネグロスのゴールをこじ開けられない。同27分には安部のパスからPA内に侵入した原がフィニッシュに持ち込み、同33分には室屋が果敢にミドルシュートを放つが決め切れず。同40分には高い位置でボール奪取を成功させたレアンドロがGKと1対1を迎えるも、シュートは相手GKにストップされてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、後半3分にFC東京が試合を動かす。ゴール前の混戦からアダイウトン、安部とつなぎ、最後は室屋が粘り強くシュート。相手GKに触れられながらも、ボールはゴールマウスに収まってスコアを1-0とした。追加点を狙うFC東京は同16分、PA付近でこぼれ球に反応したレアンドロがミドルシュートを狙うも、枠を捉え切れず。同19分には室屋のグラウンダーのクロスをアダイウトンが押し込むが、これはオフサイドの判定に取り消された。

 後半32分にはFC東京ベンチが動き、東に代えてMFアルトゥール・シルバがピッチへと送り込まれる。しかし、同34分にFC東京をアクシデントが襲う。空中で競り合った際に原のヒジがMF小田原貴の顔面に入ってしまい、原が一発退場。残り時間を10人で戦うことになった。しかし、セレス・ネグロスに得点を許さずに試合を進めると、同44分にアダイウトンが鮮やかな右足ループでダメ押しゴールを沈め、2-0の完封勝利を収めた。

 プレーオフを勝ち上がり、4年ぶりのACL本戦出場を決めたFC東京は蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(豪州)と同組のグループFに入り、初戦は2月11日にアウェーで蔚山現代と対戦する。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP