beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ナポリが伊杯準決勝第1戦でウノゼロ勝利! インテルは終盤猛攻も不発

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリが敵地での第1戦を制す

[2.12 コッパ・イタリア準決勝 インテル0-1ナポリ]

 コッパ・イタリアの準決勝第1試合が12日に行われた。インテルナポリの対戦は、ナポリが1-0で勝利。第2試合は3月5日に行われる。

 リーグ戦連勝で首位ユベントスに勝ち点で並んだインテルは、3-5-2の布陣でFWロメル・ルカクとFWラウタロ・マルティネスのコンビが先発出場。安定はしないものの、少しずつ新たな体制が整いつつあるナポリは4-3-3の布陣を敷き、20歳MFエリフ・エルマスを前線の左サイドで起用する。センターにはFWドリース・メルテンス、右サイドにはFWホセ・カジェホンを配置した。

 前半は両者ともにチャンスをつくるも、スコアレスで折り返す。そして後半11分、均衡を破ったのはナポリ。MFファビアン・ルイスがPA手前までボールを運ぶと、正確に左足シュートを放ち、ゴール左隅に決め切った。

 インテルは後半21分にMFステファーノ・センシに代えてMFクリスティアン・エリクセンを投入。同29分にはFWアレクシス・サンチェスも出場させるが、なかなかゴールを割ることができない。30分にはラウタロがPA左に進入し、折り返しにルカクが詰めるも、ナポリ守備陣の果敢なブロックに阻まれた。

 試合はそのまま終了し、ナポリが敵地での第1試合で1-0と価値ある勝利を手にした。

●コッパ・イタリア2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP