beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京・長谷川監督「しっかり仕事をしないといけないと思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京を率いる長谷川健太監督

[2.18 ACL第2節 FC東京1-0パース・グローリー 東京]

 勝利が求められたホーム戦。FC東京はパース・グローリーに苦しめられながらも、終盤に生まれた得点を守り切って1-0の完封勝利を収めた。

「非常に難しい相手だと試合前から分かっていた」。そう、長谷川健太監督が振り返ったように苦しんだ。序盤からボールを保持したものの、相手守備を崩し切れない。「どうやってこじ開けるかトレーニングしてきたが、簡単にはゴールを割らせてもらえないし、ビッグチャンスもなかなか作れなかった」。ボールを丁寧につないでくる相手に押し込まれる時間帯もあったが、「危ない場面はほぼ作らせなかった」と失点もしなかった。

 一進一退の攻防が続く中、「焦れずに戦えたのが良かった」と振り返る。そして、0-0のまま迎えた後半14分。“ジョーカー”MF紺野和也の投入で一気に流れを引き寄せ、「相手を押し込む状態を後半の中盤以降は作ることができた」と圧力を掛け続けると、同38分にFWレアンドロが鮮やかな一撃を沈めて先制に成功した。

 残り時間はわずか。「交代枠を使い切って時間を使う。監督がしっかり仕事をしないといけないと思っていた」と会見ではおどけて話したが、後半44分にはFWディエゴ・オリヴェイラに代えてDFジョアン・オマリ、そして同45+2分にはMF安部柊斗に代えてFW田川亨介を投入してきっちりと時計の針を進めた。

 1-0のまま、試合終了のホイッスルが吹かれる。苦しみながらもつかんだ勝ち点3。ACL初白星を獲得し、「何とかホームで勝ち点3を取れた。非常に大きな勝利だったと思っている」と安堵の表情を浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP