beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

拓殖大新入部員に静学のゲームメーカーMF浅倉や日体大柏のエースFW長崎、鹿島ユースMF栗俣ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜MF浅倉廉(静岡学園高)は拓殖大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 関東大学リーグ1部昇格を狙う拓殖大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、拓殖大)。
 
 最注目は全国高校選手権で静岡学園高(静岡)の優勝に大きく貢献したゲームメーカー、MF浅倉廉だ。絶妙なボールコントロールとマークを外す動き、そしてスルーパスなどを発揮し、崩しの中心人物として攻撃を牽引。日本高校選抜にも選出され、チームの司令塔候補となっている。

 高体連では18年度の選手権で瀬戸内高(広島)の4強入り貢献した実力派MF田辺利樹やインターハイ千葉県予選決勝で流通経済大柏高から2得点をマークした日体大柏高のエースFW長崎陸、インターハイ埼玉県予選決勝でハットトリックを達成したFW谷直哉(西武台高)も注目プレーヤーだ。

 また、鵬学園高(石川)の選手権16強入りの立役者となったGK前原瑞穂三浦学苑高の10番FW明石琉希、市立船橋高(千葉)のGK一ノ瀬新都、GK川邊大聖(東海大相模高)、GK梅澤亘(横浜創英高)、DF釜田恒太朗(新潟西高)、MF青島浩輝(浜松開誠館高)、MF藤木巽巳(東海大甲府高)、MF山川泰尚(東海大福岡高)、MF五嶋耕太(横浜創英高)も拓大へ進学する。

 また、Jクラブユースからは19年プレミアリーグEASTで6得点のMF栗俣翔一(鹿島アントラーズユース)やU-15日本代表候補歴を持つMF豊福直人(徳島ヴォルティスユース)、突破力のあるMF加藤悠馬(ヴィッセル神戸U-18)、長身DF長澤瑞紀(サンフレッチェ広島ユース)、FW菊池陸斗(FC町田ゼルビアユース)が加入。加えて、街クラブの強豪・三菱養和SCユース(東京)からDF古舘陸大、塩釜FCユース(宮城)のDF大槻陽平も拓大で力を磨く。

以下、拓殖大の入部予定選手
▼GK
一ノ瀬新都(市立船橋高)
川邊大聖(東海大相模高)
前原瑞穂(鵬学園高)
梅澤亘(横浜創英高)
▼DF
古舘陸大(三菱養和SCユース)
釜田恒太朗(新潟西高)
大槻陽平(塩釜FCユース)
長澤瑞紀(サンフレッチェ広島ユース)
▼MF
田辺利樹(瀬戸内高)
加藤悠馬(ヴィッセル神戸U-18)
青島浩輝(浜松開誠館高)
豊福直人(徳島ヴォルティスユース)
藤木巽巳(東海大甲府高)
山川泰尚(東海大福岡高)
栗俣翔一(鹿島アントラーズユース)
五嶋耕太(横浜創英高)
浅倉廉(静岡学園高)
▼FW
菊池陸斗(FC町田ゼルビアユース)
長崎陸(日体大柏高)
谷直哉(西武台高)
明石琉希(三浦学苑高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP