beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

村井チェアマン「この1、2週間が重要」、Jリーグ異例延期の経緯説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

村井満チェアマンがJリーグ延期の経緯を明かした

 Jリーグは25日に都内のJFAハウスで会見を行い、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3月15日までの公式戦94試合を延期することを発表した。自然災害以外ではJリーグ史上初となる開催延期になる。

 中止になる公式戦94試合は、J1が第2節から第4節までの27試合、J2が第2節から第4節までの33試合、J3が第1節と第2節の18試合、そしてルヴァンカップのグループリーグ第2節と第3節の16試合となる。

 会見に出席した村井満チェアマンは延期決定までの経緯を説明。24日夜の政府による専門家会議の発表で「この1週間から2週間が感染拡大を抑える大きな瀬戸際になる」との内容を受け、延期の決断をしたという。翌26日に控えたルヴァンカップの延期に関しては急を要するため、今日の11時に緊急会議を開いて延期を決定させた。それ以降の公式戦に関しては、改めてその後の理事会で3月15日までの延期を決断した。

 村井チェアマンは20日から3回にわたってクラブ経営者との緊急会議を行っていたことを明かし、「万全の体制を組んで第1節を終えましたので、第2節以降も十分対応できるという自負と準備をしておりました」と語る。しかし24日夜の政府の発表を受け、「1、2週間が重要だということでしたので、少し余裕を見て3週間にわたる試合延期を意思決定しました」と急きょ延期の決断に至った。

 村井チェアマンは「(26日のルヴァンカップを前に)すでに選手の移動が始まっている可能性があったことと、多くのサポーターの皆さまがアウェー観戦で移動を始めていたと思います。そういう熱心なファンの皆さまには大変申し訳ない思いでありました」と気持ちを汲む。「3月15日までは中断しますが、明けの18日からJ1でいうと第2節を再開するべく、3週間十分な準備をして臨みたいと思います」と再開に向けて万全を期すことを誓った。

(取材・文 石川祐介)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP