beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アジア人男性にカメラ向け「コロナだ」…トッテナムMFアリを英協会が告発

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナムMFデレ・アリ

 イングランドサッカー協会(FA)が26日、ソーシャルメディアに不適切な投稿を行ったトッテナムMFデレ・アリを告発した。イギリス『ガーディアン』など複数メディアが伝えている。

 デレ・アリは今月上旬、ソーシャルメディア『スナップチャット』に動画を投稿。空港のラウンジでマスクをつけた自身の姿と、「コロナだ。音を出してみて欲しい」というキャプション、そしてアジア人男性の姿が映し出されていた。またその後、カメラはアルコール消毒剤と見られる容器にも向けられていた。

 デレ・アリはその後、中国版ツイッター『ウェイボー』で謝罪文を投稿。「昨日、スナップチャットに投稿した動画について謝りたい」とした上で「僕があんな人間だというイメージを持って欲しくない。面白いものではなかったし、すぐに気付いて削除したから」などと釈明していた。

 記事によると、デレ・アリは「侮辱、不適切、試合を貶める」ことを禁じたFA規則に違反していた模様。3月5日までの間に聞き取り調査を受けるという。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP