beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊東純也がV弾奪取で今季5点目&MOM選出! ゲンクはPO1進出懸け最終節の直接対決へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊東純也がMOMに選出された

[3.7 ベルギー・リーグ第29節 オーステンデ2-4ゲンク]

 ベルギー・リーグ第29節が7日に行われ、FW伊東純也の所属する7位ゲンクは敵地で15位オーステンデに4-2で勝利した。14試合連続でスタメン出場した伊東は、2-1の後半22分に追加点をマーク。2試合連続となる今季リーグ戦5得点目を挙げ、そのままフル出場した。また、決勝点のスコアラーとなり、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されている。

 前節終了時点でゲンクはプレーオフ1(チャンピオンシッププレーオフ)出場圏内の6位メヘレンと勝ち点2差の7位。崖っぷちで迎えた今節は前半43分に先制を許す展開となるが、同45分に相手が退場者を出すと、ハーフタイム明けから状況が一変する。

 後半3分にPKからFWエベレ・ポール・オヌアチュ、同14分にFWテオ・ボンゴンダが決めて2-1と逆転。そして同22分、カウンターから伊東がネットを揺らし、リードを広げる。伊東は前節クラブ・ブルージュ戦(●1-2)に続き、2戦連発となる今季5ゴール目。公式戦では6得点目となった。

 さらにゲンクは後半25分、MFマッツ・メラー・ダーリのゴールで4-1とする。同31分に追撃弾を許すも、2点差で逃げ切りに成功し、2試合ぶりの白星をつかんだ。

 他会場では6位メヘレンがドローに終わり、7位ゲンクと勝ち点および得失点差で並ぶ形となった。レギュラーシーズンは残り1試合。メヘレンが総得点で1つ上回る状況の中、15日の最終節で直接対決を迎える。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP