beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこジャパン痛恨ミスから連敗…五輪へ不安

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこジャパンはイングランドに敗戦

[3.8 シービリーブスカップ 日本女子0-1イングランド女子]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は8日、シービリーブスカップの第2戦でイングランド女子代表と対戦し、0-1で敗れた。第1戦のスペイン女子代表戦(●1-3)に続く2連敗。第3戦は11日のアメリカ女子代表戦となる。

 初勝利を目指したなでしこジャパンは、初戦からスタメン6人を変更。システムも4-4-2に戻して、イングランド戦に臨んだ。

 しかし初戦同様、バックラインのミスから失点してしまう。スコアレスで迎えた後半38分、DF三宅史織がボールを奪われると、FWトニ・ドュガンのアシストから途中出場のFWエレン・トニ・ホワイトに先制点を決められる。これがこの試合唯一のゴールになった。

 東京オリンピックイヤーの初陣として今大会を戦うなでしこジャパンだが、これで2連敗。残すは強敵アメリカとの対戦と、3連敗の可能性もある。またこの試合では前半45分に不動の右SBであるDF清水梨紗が負傷交代。オリンピック本番へ向け、不安ばかりが募る。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP