beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「デビュー戦でPKを決めるパーソナリティがある」いきなり魅せた本田圭佑をブラジルメディアが称賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF本田圭佑がデビュー戦でゴールを挙げた

 ボタフォゴでのデビュー戦でいきなりゴールを挙げた元日本代表MF本田圭佑を、『FOX Sports』ブラジル版が称賛している。

 1月にボタフォゴへ加入し、ブラジル挑戦をスタートさせた本田。選手登録や体調の関係でデビューが遅れていたが、15日のカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)第3節のBANGU戦で初出場を飾った。

 すると、いきなり魅せる。31分に見方が獲得したPKを確実に沈め、デビュー戦で早速ゴールを奪った。攻撃の中心となっていた本田だが、コンディション面を考慮してチームが追いつかれた後の63分に途中交代。試合は1-1のドローに終わった。

『FOX Sports』は、「ホンダのゴール:美しいPKの姿勢」と題し、「ボタフォゴファンが楽しむためのホンダの初ゴールはPKだった」と紹介。「残念ながら新型コロナウイルスの影響で(本拠地)ニウトン・サントス競技場は無観客試合となったが、それでも多くの日本人ジャーナリストがカバーしていた」と、本田の影響力を伝えている。

 そして、ボタフォゴ公式ツイッターにアップされた画像を載せつつ「ボタフォゴのカメラマンは、PKによる初ゴールの美しい瞬間を記録。ボールを置き、非常に落ち着いて左足で沈めた」とゴールの瞬間に言及。「この日本人は、デビュー戦でPKを決めるパーソナリティがある! サムライのゴール」と賛辞を送った。

 ブラジル初挑戦でいきなり魅せた本田。ゴールを伝えるクラブ公式ツイートには、ファンからローマ字で「ありがとう」や「愛してる、ホンダ」など歓喜の声が続々と上がっている。

●海外組ガイド
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP