beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

76歳レアル元会長が新型コロナウイルスで死去

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル元会長であるロレンソ・サンス氏が死去

 レアル・マドリーは21日、元会長であるロレンソ・サンス氏が亡くなったことを発表した。76歳だった。

 スペイン『マルカ』によると、サンス氏は8日間の発熱により今月17日に入院。新型コロナウイルスの感染が確認されていた。そして、健康状態が悪化し、現地時間21日に息を引き取った。

 サンス氏が会長を務めた1995年から2000年にかけて、レアルはUEFAチャンピオンズリーグ2回、リーガ・エスパニョーラ1回、スーパーカップ1回の優勝を経験。「ロレンソ・サンス会長時代にレアル・マドリーはその歴史と伝説を高め続けました」とクラブは感謝した。

「マドリディスモはその人生の大部分を大きな情熱であったレアル・マドリーに捧げた会長の死去を嘆き悲しみます。現在の状況を考慮し、レアル・マドリーはそれに値する功績をできるだけ早く讃えるつもりです」

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP