beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

18年インハイ得点王、ランク上位は?2度のハット達成した富山一の「ひいろ」が得点王に

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF小森飛絢(富山一高)は長崎日大高との3回戦でも3得点。チームをベスト8へ導いた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 ゲキサカでは過去のインターハイで活躍し、大会の得点王、得点ランキング上位に入った選手を紹介する(学年は当時)。

 2018年の平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技(三重)の得点王には、富山一高(富山)のエースMF小森飛絢(3年、現新潟医療福祉大)が輝いた。「ひいろ」(“ヒーロー”)の名を持つテクニカルなアタッカーは、高松商高(香川)との初戦でいきなりハットトリックを達成。続く阪南大高(大阪2)戦で決勝点を挙げると、長崎日大高(長崎)との3回戦でも後半だけで3得点を奪い、計7得点でチームをベスト8へ導いた。

 6得点で2位に入ったのが、年代別日本代表のエースFW西川潤(桐光学園高2年、現C大阪)だ。初戦で先制PKを決めた西川は富山一との準々決勝で圧巻の5人抜きゴールを記録。ハットトリックも達成したレフティーは準決勝、決勝も1ゴールを決め、その実力を全国舞台で証明した。

 サイドからの鋭いドリブル、シュートを得意とするMF河原淳(日章学園高3年、現阪南大)と、個の力で優勝校・山梨学院高(山梨)を救うゴールを連発したFW宮崎純真(3年、現甲府)が5得点で得点ランキング3位に。また、DFながら3得点を記録したCB望月駿介(桐光学園高3年)や4強入りを懸けた大津高(熊本)戦で2ゴールを決めたMF原田虹輝(昌平高3年、現川崎F)、青森山田高(青森)戦2発のMF木下海斗(昌平高3年、現関東学院大)らも上位に食い込んでいる。

【得点ランキング】
1位:7得点
小森飛絢(富山一高3年)
2位:6得点
西川潤(桐光学園高2年)
3位:5得点
河原淳(日章学園高3年)
宮崎純真(山梨学院高3年)
5位:3得点
木下海斗(昌平高3年)
原田虹輝(昌平高3年)
森田翔(昌平高3年)
望月駿介(桐光学園高3年)
鈴木陽介(日章学園高2年)
大竹悠聖(大津高3年)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ

最注目FW西川潤(桐光学園高2年)は準々決勝で5人抜きゴール、ハットトリックを達成。(写真協力=高校サッカー年鑑)


●【特設】高校総体2020

●【特設】高校総体2018

TOP