beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミアで守備成長。新生・尚志の中心人物、DF渡邉光陽は“ライバル”たちの活躍を刺激に

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の注目プレーヤーの一人、尚志高MF渡邉光陽。(写真は19年インターハイ。写真協力=高校サッカー年鑑)

[注目高校生プレーヤー_2020シーズンへの誓い]
(※尚志高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)


 新型コロナウィルス感染拡大の影響で、高校生年代もリーグ戦やトーナメント戦の各種大会が開幕延期や中止となっている。福島の強豪、尚志高は1年でのプレミアリーグ復帰へ向けたプリンスリーグ東北の開幕が延期。昨年からの主力DF渡邉光陽(3年)は、「公式戦ができなくて、自分たちの目の前の目標がはっきりしていないのが悩みではありますが、その分、(指示されている新型コロナウィルス対策を徹底した上で)今できる練習をチーム内で激しくやって、再開した時に万全なコンディションで試合に臨めるよう意識しています」と引き締める。

 CB、ボランチを兼任する渡邉は空中戦の強さをはじめ、守備能力の高さ、フィード力も注目されているプレーヤー。4強入りした昨夏のインターハイでは全5試合に先発フル出場しているほか、「(昨年、)プレミアリーグで守備が多かったこともあり、対人は成長したと思います」という。運動量に自信を持ち、相手PAへ飛び込んでいく力強さもある。その渡邉がライバル視している選手は、昨年のプレミアリーグチャンピオン・青森山田高(青森)のU-18日本代表CB藤原優大(3年)だ。

「小学校の時から一緒にサッカーをしていて、中高でも試合してきて、(藤原は)代表にも入っているので刺激になっています」と渡邉。また、尚志のチームメートであるFW阿部要門(3年)の山形入りが内定し、後輩CBチェイス・アンリ(2年)はU-17日本代表に初選出された。彼らの存在は発奮材料になっている。

「身近に上のレベルで戦っている仲間がいるので、負けたくないですし、刺激になっています。自分はロングフィードのパスは2人に負けないと思っています」。自分の武器をより磨き、課題のファーストタッチの精度などを上げて攻守両面で活躍すること。そして、チームに白星をもたらし、全国でもより注目される存在を目指す。

 待ちわびている新シーズンへ向けて渡邉は、「自分自身としては守備の部分で抜かれたくないので、対人は全部勝って、ロングフィードで得点を演出したいです。チームとしての目標は“尚志らしい”パスサッカーでインターハイ、選手権で全国制覇して、プレミアにも昇格することです」。東北地方の注目株の一人は、刺激を受けている“ライバルたち”に負けじと成長し、20年を飛躍のシーズンにする。

(取材・文 吉田太郎)

●【特設】高校総体2020

TOP