beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ秋田県代表成績_次は夏の連敗ストップ、上位進出へ挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年は秋田商高が全国初戦突破に挑戦したが、強豪対決で惜敗。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ秋田県代表校成績]

 2010年以降、インターハイの秋田県勢は苦戦が続いている。1968年大会で日本一に輝いている名門・秋田商高が、2010年大会1回戦で東邦高(愛知1)に3-2で勝利。この試合はJ3秋田でもプレーしたMF斎藤純平主将が2得点を決める活躍を見せて白星を挙げたが、2回戦で作陽高(岡山)に敗れると、その後秋田県勢はインターハイで1勝を挙げることができていない。

 地元・秋田開催だった翌11年は伝統校の西目高と初出場した進学校・秋田南高がいずれも初戦敗退。12年は新屋高が強豪・鹿児島城西高(鹿児島)相手に2点差を追いつき、3-3でPK戦まで持ち込んだものの、3-4で涙をのんだ。

 MF山本隼主将(→産業能率大)やDF高橋渓允(→仙台大)を擁した15年の秋田商も岐阜工高(岐阜)に敗戦。17年も翌18年度全国高校選手権の優秀選手・FW長谷川悠(現國學院大)らが出場したが、丸岡高(福井)にPK戦で惜敗した。

 また、19年大会の秋田商は18年度の選手権で秋田県に14年ぶりの白星と32年ぶりのベスト8をもたらしたGK山口雄也(現関西福祉大)らを中心に1勝を目指したものの、阪南大高(大阪1)に0-1で競り負けた。13、14年大会に連続出場した秋田南や、18年の出場校・西目も悔しい初戦敗退。次はインターハイでの県勢連敗阻止を目指す。

以下、10年以降のインターハイ秋田県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:秋田商高(34)
2回戦 0-1 阪南大高(大阪1)

[2018年]
代表校:西目高(7)
1回戦 0-5 刈谷高(愛知2)

[2017年]
代表校:秋田商高(33)
1回戦 0-0(PK3-4)丸岡高(福井)

[2016年]
代表校:秋田商高(32)
1回戦 0-3 市立船橋高(千葉2)

[2015年]
代表校:秋田商高(31)
1回戦 1-3 岐阜工高(岐阜)

[2014年]
代表校:秋田南高(3)
1回戦 2-6 帝京三高(山梨2)

[2013年]
代表校:秋田南高(2)
1回戦 0-4 滝川二高(兵庫)

[2012年]
代表校:新屋高(2)
1回戦 3-3(PK3-4)鹿児島城西高(鹿児島)

[2011年]
第1代表校:西目高(6)
2回戦 0-2 新潟明訓高(新潟)

第2代表校:秋田南高(初)
1回戦 0-5 金沢桜丘高(石川)

[2010年]
代表校:秋田商高(30)
1回戦 3-2 東邦高(愛知1)
2回戦 0-2 作陽高(岡山)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP