beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年インハイ得点王、ランク上位は?市船の2年生FW和泉竜司がブレイク!7得点で得点王に

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW和泉竜司(市立船橋高2年、現鹿島)がブレイク。7得点で得点王に輝いた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 ゲキサカでは過去のインターハイで活躍し、大会の得点王、得点ランキング上位に入った選手を紹介する(学年は当時)。平成22年度全国高校総合体育大会「美ら島沖縄総体2010」(沖縄)の大会得点王(7得点)には優勝校・市立船橋高の2年生FW和泉竜司(現鹿島)が輝いた。

 和泉は1、2回戦こそ無得点に終わったものの、冬夏連覇を目指した山梨学院高(山梨)との3回戦で2ゴール。すると、立正大淞南高(島根)との準々決勝では、前半だけでハットトリックを達成した。そして、桐光学園高(神奈川1)との準決勝では試合終了間際に決勝点。滝川二高(兵庫)との決勝でも後半に同点ゴールを叩き出した。ドリブル突破、スルーパスなど市立船橋の前線で多彩な能力を発揮した2年生は、この大会で大ブレイク。翌年度の全国高校選手権でも主役級の活躍で市立船橋に日本一をもたらしている。

 得点ランキング2位には、立正大淞南高のFW新里大地が入った。卒業後に、J.FC MIYAZAKIなどでプレーしている新里は、初戦から4試合連続、計5ゴールを記録。チームメートのMF加藤大樹(3年、現山形)も初戦から3試合連続ゴールを決めて4得点で3位タイとなっている。

 同年度の全国高校選手権で得点王を獲得した滝川二高FW樋口寛規(3年、現福島)とFW浜口孝太(3年、→青山学院大)の“ダブル・ブルドーザー”もともに4得点。3位・西武台高(埼玉1)のエースFW清水慎太郎(3年、現岡山)や流通経済大柏高(千葉1)の大型アタッカー、MF吉田眞紀人(3年、現愛媛)、ルーテル学院高(熊本)の2年生MF伊藤卓、そして初戦で1試合4得点のFW郡司健太朗(鹿島学園高3年、元YS横浜)も得点ランキング3位タイに入っている。

【得点ランキング】
1位.7得点
和泉竜司(市立船橋高2年)
2位.5得点
新里大地(立正大淞南高3年)
3位.4得点
郡司健太朗(鹿島学園高3年)
清水慎太郎(西武台高3年)
吉田眞紀人(流通経済大柏高3年)
樋口寛規(滝川二高3年)
浜口孝太(滝川二高3年)
加藤大樹(立正大淞南高3年)
伊藤卓(ルーテル学院高2年)
10位.3得点
中田充樹(矢板中央高3年)
岩浪晃大(桐光学園高3年)
有間潤(宇和島東高3年)
小室和也(筑陽学園高3年)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020
●【特設】高校総体2010

TOP